近年、看護学校の教員数の減少、看護学生指導の質の低下、コロナ下での十分な病院実習ができないことにより、看護学校や大学の看護学生さんが学校の学習に付いていけないことが多くなっています。そこで、弊社(当塾)に+αの個別指導を必要として、入塾する生徒さんが多いです。

弊社は、国家試験対策も行っていますが、病院での看護実習で学生さんが受け持った患者さんの病態や生活歴などの全体像の分析、よりよいケアを立案するための個別指導(サポート)をメインに行っています。この分析過程を看護過程と言いますが、これが看護学校の多飲委取得&卒業の鍵となる科目となります。

この科目を十分に教えられるのは、全国で弊社Nursing-linkしかありません。ですが、3年~4年の学校の学習過程で、この看護実習は10クール(1回2-3週間)あります。看護学生さんのお月謝のお支払いが追い付かない状況となっています。弊社も生徒さんのレベルを引き上げるために、また今日の物価高により、これ以上受講料を引き下げられない状況が続いています。

ですので、分割払いを導入していますが、生徒さんは仕事をしていないため保証会社を利用することができず、弊社独自のサービスとして導入しているのが実情です。弊社はまだ小さな会社ですので、分割払いが増えると月々の収入が減ってしまい、何とか事業を継続している状況となっています。

そこで、看護学生さんが続けて指導を受けられるように、分割システムを継続させるために、弊社に「看護学生学習支援」のための寄付をお願いできませんでしょうか?

クラウドファンディングとしての形を取りますが、こちらからお返しできるものが少ないと思いますので、寄付に近い形となります。

支援(寄付)頂いた方には、支援者としてお名前を残させて頂くことや、弊社主催のイベントに参加できること、また看護援助サービス・健康相談サービスを受けられるチケットなどを返戻したいと思います。

ぜひ、ご支援をよろしくお願い申し上げます。